So-net無料ブログ作成
検索選択
ブランデー ブログトップ

1848年、日本だと嘉永元年(江戸時代後期)かぁ~  [ブランデー]

10月19日の土曜日は貴重な体験をした。
『コニャックのロマネ・コンティ』 『コニャック界のロールスロイス』と言われ、14代に渡って受け継がれている最高級のコニャック、ラフォンテーヌ・ドゥ・ラ・プイヤードのテイスティング会に輸入元のリードオフジャパン様からお招きをいただき行ってきました。

会場はアルフレッドダンヒル銀座本店ラウンジ。
そしてラフォンテーヌ・ドゥ・ラ・プイヤード社のセールス・マネージャーのオットー氏をお迎えしての会となりました。

思ったよりも非常に少ない人数での会にまず驚きました。
まず最初にサーヴィスされたのはブイエ・デュボスケ一族がその一族のために飲まれていたというラフォンテーヌ・ルイ・デュボスケ・シャンパーニュ・グラン・クリュ1999を。現オーナーのバーナード・ブイエ・デュボスケ氏の代になり初めて外部に販売したそうです。

非常にしっかりしたシャンパンで、白ワインのニュアンスも高く、当日はフルートグラスのサーヴィスでしたが、シャルドネグラスのような形状のグラスでも試してみたかったです。コルクは昔ながらの針金ではなくしっかりとした紐で止められていてなかなか雰囲気のあるシャンパンでした。

lfchampagne703.jpg

そして口もアルコールになれたところでいよいよブランデーへ。

最初から『コニャックのロマネ・コンティ』と言われるラフォンテーヌ・ドゥ・ラ・プイヤード・グラン・シャンパーニュ・コニャック を。このコニャック、インポーター希望価格15万円だそうです。

抜栓直後は粘着性のあり、まだちょっとピリピリした感じがあり、香りはかなりしっかりしたものでした。1800年代の原酒までブレンドされているらしく、かなり色合いも濃いなぁと感じました。

dfp185.jpg

次に出されてブランデーはドゥ・マーボー・バ・アマニャック・プルミエクリュ、こちらは30年以上寝かせた原酒のブレンドでコニャックのように非常に古い原酒はブレンドしない方が良いと説明を受けました。こちらもとても美味しかった。

そしてカルバドス。リンゴを原料に作るブランデーのル・ヴィギャン・カルバドス・プルミエクリュ、こちらも非常にアルコールも練れていて美味しかった。このアルマニャックとカルバドスはインポーター希望価格8万円とのこと。

なんてゴージャスなテイスティング会なのだろう・・・・・。
昼間のお酒は酔うからあまり好きではないのだが、ましてはコニャックと聞き、ちょっと行きたくないなぁと思っていましたが、本当に参加させていただき良い経験と素晴らしい時間を過ごすことができました。

ゆっくりと飲みながらまたラフォンテーヌ・ドゥ・ラ・プイヤードに戻ってみると柔らかさと落ち着きがでてきていてそれはそれは素晴らしいコニャックとなっていました。


そして、オットー氏が今日は土曜日のお休みの中、せっかく皆様にお越しいただいたので当主のバーナード・ブイエ・デュボスケのプライベート・コレクションをこれから皆様と楽しみたいと素晴らしいサプライズを!

なんとそのコニャックは1848年のシングル・ヴィンテージのコニャックでした。
グラスに注がれたその液体は驚くほどの美味しさで、メインのラフォンテーヌ・ドゥ・ラ・プイヤードがかすんで見えるほどの美味しさでした。

聞けば、クリスティーズのオークションで5万ユーロで落札されたとか。えっ、800万円!
もちろん私が今まで飲んだ中ではダントツに美味しいコニャックでした。

本当に素晴らしい経験をさせていただきリードオフジャパン様には心より感謝いたします。
この素晴らしいブランデーが興味ある方、ぜひご連絡くださいね。

 

ちょっとここで、和泉屋もここまでのコニャックはありませんが、こちらもフランスの宝と言われているA.E.ドール社の古酒の在庫があります。

00000504_photo1.jpg

《 Vieille Reserve No.9 》
ヴィンテージ並びに品質両面で稀少・別格であり、DENI-EUL氏自らの厳選によるこのリザーブのストックは、僅か数個の大瓶に限定されております。と申しますのは、ガラス製大瓶に移しかえられる前に、50年間以上もの間オーク樽内で熟成されたからです。従って、40%のアルコール分は長期熟成と自然蒸発とに由来するものです。

このきわめて古い(1914年産)Vieille Reserve No.9は、前世紀の『 Prestigious Vintages 』シリーズと並び、ドール社の『天国』の一部を成しており、ドール社が誇りを持ってお薦めする最高のコニャックの一つです。

ちなみに海外のサイトで1125ユーロ(約18万円)で販売されています。

販売は こちら!  販売価格:135,801円(税込 142,591円)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

みなこうなら、絶対に飲まれる! [ブランデー]


 "Brandy"

ブランデー、私が若い頃はやっぱり一番の高級酒といえば
ブランデーでした。しかも、ナポレオン(笑)。

海外旅行のお土産といえば必ずと言ってよいほどブランデー
を皆さんは買っていたように覚えています。

ブランデーとは本来はブドウを発酵、蒸留した酒につけられた
名前ですが、最近では他の果実を発酵、蒸留させたものにも
使われるようになっています。

歴史的に見るならば、本来の葡萄を原料としたブランデーが
フランス南西部のアルマニャック、コニャック地方でつくら
れるようになり、17世紀後半から商業化されたと言われます。


ブランデーの名称は『ワインを焼いたもの』という意味の
ヴァン・ブリュレ(Vin brule)と称したことに由来され、
それをこの地にやってきたオランダ人の貿易商がオランダ
語に直訳し、ブランデウェインと称し、イギリスに輸出し、
イギリス人がこの語を縮めてブランデーになったと言われ
ます。


なんか私だけが感じるのかは知りませんが、最近のブランデー、
特にコニャック、アルマニャックの味が昔と比べると美味しく
なくなった気がします。まぁ、錯覚かもしれませんが。


でも、輸入元のアルカンに表に出ない在庫としてあった、この
二つの70年代のアルマニャックを飲むとやっぱり美味しいと
感じるんですよね。 それもすご~く!


アルマニャックで最上のバ・アルマニャックのヴィンテージ
ものなんですけど、こういうブランデーなら最後の〆の1杯に
とっても、とってもウエルカムなんですけどね。

シャンパンのルイ・ロデレール社傘下の ドメーヌ・ド・ムー
シャックが蒸留したアルマニャック・ブランデー、たまには
ゆっくりとブランデーを楽しむのも最高かもしれませんね。


ぜったいにお薦めのアルマニャックです。
その香りと味わいにとろけますよ。


バ・アルマニャック1976 ドメーヌ・ド・ムーシャック

 

 

バ・アルマニャック1979 ドメーヌ・ド・ムーシャック

 

 

フランスでもお宝と言われるブランデー。

フランスでも14~20万円ぐらいで販売されている
A.E.ドール・Vieille Reserve No.9。

間違いなく究極のブランデーのひとつでしょう。

ヴィンテージ並びに品質両面で稀少・別格であり、DENI-EUL氏
自らの厳選によるこのリザーブのストックは、僅か数個の大瓶
に限定されております。

と申しますのは、ガラス製大瓶に移しかえられる前に、50年間
以上もの間オーク樽内で熟成されたからです。従って、40%の
アルコール分は長期熟成と自然蒸発とに由来するものです。

このきわめて古い(1914年産)Vieille Reserve No.9は、前世紀
の『 Prestigious Vintages 』シリーズと並び、ドール社の
『天国』の一部を成しており、ドール社が誇りを持ってお薦め
する最高のコニャックの一つです。

上の写真のように貯蔵・熟成されています。すごいでしょ。 

A.E.ドール・Vieille Reserve No.9

 

リンゴからつくるブランデー、カルヴァドス。
このブランデーも風味満点で美味しいですよね。

ブルイユ社はペイ・ドージュ地区のブルイユ村にシャトーを
所有し、そこでこのカルヴァドスをつくっている。ペイ・
ドージュ地区およびその周辺の農家から直接買い入れたリンゴ
の果汁を自然発酵させ、単式蒸留器で蒸留。

リムーザンかトロンセ産のオーク樽で熟成させますが初期段階
では新樽、のちに古樽に移します。

オリジナル・サイン入り・シャトー・ド・ブルイユ・14年・カスクストレングス・700ml-52.3%

オリジナル・サイン入り・シャトー・ド・ブルイユ・ミレジム・1992年・700ml・41%

オリジナル・サイン入り・シャトー・ド・ブルイユ・レゼルヴ・ド・ラ・シャトレーン・8年・700ml・40%
 
シャトー・ド・ブルイユ・ダブル・マチュレーション・14年・700ml・41%
どれもお薦めの逸品です。

 

そしてもう一つ。

リンゴの実がボトルに入っているカルヴァドス。どうやって入れるかわかりますか?

 

 

マスネ・カルヴァドス・実入り・500ml・40%
 

今日は素晴らしいブランデーを紹介させてもらいました。
 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

彼に生まれ年のアルマニャックをプレゼント [ブランデー]


『本命』か『義理』か・・・・・・。

ある一部の人種を除いて、また嫌な日が来ますよね、
そう、2月14日。

スキーのインストラクター時代は大好きだったのに、
最近はちょっと。。。。。


私はもうそういうことを悩むことがもうないのですが、
『本命』か『義理』か  って悩むことってありますよね。

そのときに『自分のために選んでくれた』というものだと、
義理でもなんかしなくちゃって思いますよね。


ちょっと良いものを見つけてあります。

ブランデーの双璧といわれるフランス
アルマニャック・ブランデーです。


かなりのヴィンテージが揃っています。
もちろん、私の生まれ年の1958年もちゃんとあります。

1930年から1986年までの間、ほとんどがあります。
1935年、1946年はごめんなさい、ありません。

 

http://www.wizumiya.co.jp/maker_info.php?pages_id=282

僕へのプレゼントだと、送料はかかりませんので
皆様よろしくお願いいたしまーす。

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

見て見て、ボトルの中にリンゴの実が! [ブランデー]

こんにちは、ワイナリー和泉屋の新井です。
2005年8月6日にはじめた、ソネットブログ、知らない間に
総閲覧数が10万を超えました。ページにアクセスしてくれた
たくさんの皆様本当にありがとうございます。

ナイスマークも816個、とても嬉しいです。
これからもよろしくお願いしまーす。


今日はゆらりゆらりとボトルの中で動くリンゴの実。
リンゴの実入りのカルヴァドス(リンゴのブランデー)、
美味しそうでしょ。

どうやって、ボトルにリンゴの実を入れるか知ってますか?

 

せっかくだから1000個目のナイスマークの方にワインでも
プレゼントしちゃおうかなぁ・・・・・・。

 

 

Valentine Dayはこのヴーヴ・クリコの
ヴァレンタイン ギフトセット With Love!」

http://www.wizumiya.co.jp/product_info.php?products_id=3690


nice!(3)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

この写真、なんだと思いますか。。。。 [ブランデー]

 

1834年、1840年、これってなんだと思いますか?

青木先生のワインセミナー、すごくお薦めです。
http://blog.so-net.ne.jp/non-solo-vino/2006-01-10-1

 


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

かぐわしく、まろやかぁ~ [ブランデー]

1976年生まれの女性と飲みたかったのですが、
それを待っているといつまでたっても飲めそうもないので
本日、事務所でスタッフと飲みました。

30年を迎えるアルマニャックブランデー
その香りは素晴らしく、味わいは本当にまろやか。
世の中こういうブランデーばかりなら、もっともっと
ブランデーが消費されるのに・・・。

もう、とろけそうな味わいです。


1976年が大事な年の皆様、これ、お薦めです。

ちなみに1979年も同時入荷。

これはまたのお楽しみ。

 

【皆様にお知らせ】
ソムリエ協会のホームページ、『ワイン村』の中にコミュニティーサイトを
アップさせていただきました。ワイン好きの皆様、ぜひご参加ください。
会員の皆様の中から抽選でダブル・マグナムボトルのワインが当たる
キャンペーンも実施中です。
もちろん無料、すぐにも退会は可能です。
ワイン好きの皆様といろいろな情報が共有できればと思っております。

入会ページはこちら↓
http://vin.ecmix.net/

 

★ワインのコメント募集中!
http://blog.so-net.ne.jp/wizumiya/2006-01-06
アルタ・ヴィスタ・ダブル・マグナム プレゼント


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
ブランデー ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。