So-net無料ブログ作成
検索選択
リキュール ブログトップ

クレーム・ド・カシス [リキュール]

 

フェリックス・ディヴィオ クレーム・ド・カシス・ド・ディジョン

わたし、けっこう、クレーム・ド・カシス、好きなんです。ソーダ割りにしたりして良く飲んでいます。

黒スグリを破砕し、アルコール、ワインなどに浸漬、熟成させます。その後、砂糖を振りかけ、液中にまんべんなく溶け込んだら、濾過してボトリング。

ラベルにクレーム・ド・カシス・ド・ディジョンと書いてあればEU認定の産地規定表示リキュールです。

このフェリックス・ディヴィオ クレーム・ド・カシス・ド・ディジョンはすごく美味しい、クレーム・ド・カシスの逸品です。

フェリックス・ディヴィオとは、"幸多き神の地"という意味で偉大なるディジョンを指す言葉だそうです。

けっこう、クレーム・ド・カシスは美味しい、まずいがありますのでカシス好きの方のアドバイスを受けると良いでしょう。

 

"キール"はブルゴーニュ地方の中心地、ディジョンの市長であったキャノン・フェリックス・キール市長が考案されたと言われています。

ブルゴーニュ地方には白ワインのブドウ品種としてシャルドネとアリゴテという白ブドウがあります。

この"キール"がつくられたのは1945年頃といわれています。
実はアリゴテ種というブドウ品種は非常に酸の強い葡萄で、つくりが悪いとすっぱいワインになってしまうのです。

ディジョンはブルゴーニュワインとともにクレーム・ド・カシスの生産でも有名なところで、キャノン・フェリックス・キール市長がこのアリゴテでつくった白ワインをお気に召さず、同じ特産のクレーム・ド・カシスで割ったところ非常に美味しかったことからこの市長の名前を冠し
カクテルの逸品、《 キール(Kir) 》が生まれました。

 

このアリゴテじゃ、ちょっともったいないけど、美味しいものにこしたことはないのでお薦めしちゃいます。ロマネ・コンティ社の社長、オベール・ド・ヴィレーヌ氏が経営するドメーヌ・ド・ヴィレーヌのブーズロン・アリゴテ、この二つの最高の素材で美味しいキールをつくってお楽しみください。


リキュール ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。