So-net無料ブログ作成

ムッシュ・サランをお迎えして。 [ワイン会]

ラフィット・ロートシルト、デュアール・ミロン、レヴァンジル、リューセックなどボルドーを代表するきら星のような名シャトーを擁する『ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト』の社長、クリストフ・サラン氏が来日、ワイナリー和泉屋のお客様とワイン会を新宿のロッサーナで行いました。

全員で20名のワイン会です。

鯵のカルパッチョ、ロッサーナスタイル・パッションフルーツと生姜のエキゾチックソースにバロン・ド・ロートシルト・サガ・R・ボルドー・ブラン2002。

鳩のソッパ コアーダとドンマルティーニョ2001

 

自家製カサレッチ、ズッキーニ、海老、ドライトマトのソース、キャビア添えと

キンタ・ド・カルネ1999。

 

つなんポークと桃の煮込みとキンタ・ド・カルモ・レゼルヴァ2000そしてサラン氏の大のお気に入りカリュアド・ラフィット1996

 

桃が移動しているのはご愛敬。

ドルチェ、柔らかなボネとリューセック2000

 

そして、エスプレッソ。

本当に楽しい会となりました。

皆さまがお帰りになったあと、来月販売予定のシャトー・レヴァンジルのセカンド・ラベル、ブラゾン・ド・レヴァンジル2000をサラン氏とともにテイスティング。

サランさん、すごくこのワインを褒めていました。

ロッサーナの立石さん、いろいろとありがとうございました。

 

その後、ロッサーナからヴィーノ・ダ・ターヴォラに場所を変え、

エグリ・ウーリエ・ロゼ・ブリュットとスタッフからオークションアイテムとしてサラン氏のサインをしてもらっていたラフィットを酔いにまかせて開けてしまいました。

 

本当に楽しかった。

ムッシュ・サランに感謝!!!

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。