So-net無料ブログ作成

カンガルーのいない国ですよ! [オーストリア]


みなさん、オーストリアワインって飲んだことが
ありますか?

はい、カンガルーのいない方のオーストリアです。
(オーストリアの土産でカンガルーの絵に×がついている
Tシャツが売られています・笑)


ちょっと、日本ではなじみが薄いかもしれませんが、
1度飲んでみてください、きっと虜になりますよ。

特に白ワインのグリューナー・フェルトリーナーと
リースリング。


私、新井のお薦めは ガイヤーホフ
http://www.wizumiya.co.jp/maker_info.php?pages_id=1339

これからの季節には特にあいます。
ぜひお試しあれ! 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 2

Landstrasse

 私はかつてオーストリアに長期滞在していた者ですが、練馬区在住で、貴店から何回か購入しています。
 ブリュンデルマイヤーのグリューナーヴェルトリーナーなどの白を扱っておられるようですが、確かにオーストリアの白も悪くはないと思いますが、やはり赤も捨てがたいですね。(オーストリア大使館商務部が甘口の白を薦めているかどうかわかりませんが、オーストリアでは甘口は好まれないので、輸出に回したいと思っているのかもしれません。)
 ご存じのようにブラウフレンキッシュBlaufrankischというオーストリアの固有種があり、なかなか良いものです。ハンガリー由来で、ブラウブルグンダー(ピノ・ネロ).と同系統と言われていますが、ドイツのブラウブルグンダーなどと比べると、味は断然インパクトを持っています。タンニンはそれほど強くないですが、特徴的な芳醇な香りと、口に含むと繊細な味わいと滑らかな舌触り、独特の後味が非常に好ましいです。特にオーストリアの赤は、ウィーンの南東のノイジートラー湖周辺、及びその南のブルゲンラント地方のものがもっとも良質で、こちらでの評価が高い赤はほとんどブルゲンラント産に限られます。
 貴店で扱っているユルチッチ社(ソンホーフ醸造所 Jurtschitsch Sonnhof)も現地でもとても評価が高いですが、ブリュンデルマイヤー であれば、同じLangenlois産のHiedler Ludwig, Jurtschitsch Sonnhof, Loimer Fred のほうが1ランク上です。アイスワイン なら断然Kracher Aloisのものです。でも日本での値段は現地の4,5倍に値段が跳ね上がっていますね。ちょっと手が届かない値段になっていて残念です。
 ということで話が長くなりましたが、書き込みをしたのは、できれば貴店でもっとオーストリアの赤ワインを販売していただいたいということです。
 Rosi Schuster, Weningerあたりの輸入をしていただけるとうれしいですね。ところで、オーストリアは、オーストリーになってしまいましたね。
 
by Landstrasse (2006-11-16 18:13) 

台湾人

オーストリアの表記はドイツ語の原音を表したエースターライヒを使った方が良いと思います。

私は外国の地名や都市名は当地の言語の本来の発音を忠実に再現した表記を使った方が良いと思います。


by 台湾人 (2008-07-29 01:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。