So-net無料ブログ作成

この夏! お薦めの1本!! [スロヴェニア]

BELI PINOT 2004   Edi Simcic
SLOVENIJI GORISKA BRDA
(ベリ・ピノ 2004  エディ・シムチッチ スロヴェニア・ゴリシュカ・ブルダ)

スロヴェニア共和国
旧ユーゴスラヴィアから独立、2004年5月にEUに加盟。
北イタリアのフリウーリ・ヴェネツィア・ジューリア州に隣接。



ゴリシュカ・ブルダはイタリアの銘醸地コッリオからの地続き。
この区域はスロヴェニアでも優良な造り手が集まっていることでも
知られています。

その中でも今回ご紹介のエディ・シムチッチは有名な生産者です。
多くのワイン・ジャーナリストにも高い評価をされています。

 

今回紹介するワインは ベリ・ピノ2004
ベリ・ピノはイタリアだとピノ・ビアンコ、フランスだとピノ・ブランと
同じで、ピノ・ノワールの親戚。

性質はシャルドネに似ていて、シャルドネより軽やかなワインに
なりますが、エディ・シムチッチのベリ・ピノは、たぶん恐ろしく
収量を減らしているのでしょう、凝縮感のしっかりあるワインに
仕上げています。

部屋の中にエアコンの無い時代なら、ちょっと重たすぎるかも
しれませんが、現在のようにエアコンがしっかり効いているような
部屋ならば、これぐらいのボディのワインが美味しいのでは、
なんて思っています。


ワインバー・エスペルトでも、『スロヴェニアのワイン?』 と反応する
お客様も多いのですが、飲んでいただけると多くのみなさまがこの
エディ・シムチッチのワインのファンになります。


この価格の白ワインでここまで威厳があるワインって他にあるか
考えてみましたが、なかなか思い浮かぶものはありません。

このぐらいボディがあるワインだと、冷やしすぎを嫌う方も多いかと
思いますが、私はしっかり冷やした状態からゆっくりと温度が上が
ってくる方が好きです。

ワインバー・エスペルトの店長でソムリエの西村は、グラスに注ぐと
上質なモルトウィスキーを連想させる薄い金色に、緑、青の色調も
見ることができる。

白い小さな花を束ねた脇に転がるこんぺいとうやりんごのドライ
フルーツといったチャーミングなものを連想させる香り。

口にすると予想通り、ぎゅっと詰まったぶどうとりんごの味わいに、
明らかに感じられる塩気が厚みをもたらしている。そこからは
どんな料理にも添い遂げるとのできる奥ゆかしさを感じるほど。

などなど、コメントしています。

 

たぶん、スロヴェニアと言うだけで敬遠をしてしまう方が多数いらっ
しゃるかもしれませんが、それは絶対にもったいないことだと私は
思っております。

このスロヴェニアの逸品のベリ・ピノ、ぜひ、お楽しみくださいね。
 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

いけだま

こんにちは。
よく行くレストランで ソムリエにお任せしたところ
薦められたワインがエディ・シムチッチでした。
ワインに詳しくないこともあって、スロヴェニアと聞いても抵抗は全くなく
むしろ異国からわざわざやってきた貴重なワインだ!と即オーダーしました。
エチケットも可愛いですよね。
やはり温度は低めからスタート。
きれいな香りと凝縮された果実味を集めたようなワインです。
しっかり料理をエスコートしてくれました。

侮るなかれスロヴェニア!ですね。
by いけだま (2007-08-21 11:27) 

ワイナリー和泉屋

いけだまさん、エディ・シムチッチをおいてあるなんて
素敵なレストランですね。
どこなんだろう・・・。

エディ・シムチッチ、本当に美味しいです。
太鼓判。
by ワイナリー和泉屋 (2007-09-18 18:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。