So-net無料ブログ作成

F.ミクルスキーのプルミエ・クリュの逸品たち! [ブルゴーニュ]


《F.ミクルスキーのプルミエ・クリュの逸品たち!》



1992年ヴィンテージがファーストヴィンテージというまだまだ若いワイナリーです。

 しかしデビューしてすぐ、ベルナール・ロワゾーやジョルジュ・ブランと言った超高級レストランのワインリストにすぐにオンリスとされるなど、あっという間に高い評価を受ける生産者となりました。海外からのオファーも多く、生産量の半分以上を輸出しています。


今までのラベルは1978年ムートン・ロートシルトのラベルを描いた画家、リオペルの作品から写したものでしたが、今回はまったく違うラベルになりました。私、個人的にはこのラベル好きです。

そのラベルには、マークも柄も絵もなく、あるのはワイン名、生産年、そしてドメーヌ名のみ。『大切なのは外見ではなく中身』というメッセージがこのラベルには込められているそうです。

ヴィンテージは偉大なる年と言われる2005年です。素晴らしいプルミエクリュの畑が4つ入荷してきました。しかもお買い得の価格で!


 

《1erCru ル・ポリュゾ》
ジュヌヴリエールに近い味わいだが、比べるとシャープでミネラリー。だからといって芳醇さがないわけではなくあくまで比べての話。食事との相性は幅広く対応でき、バランスも良し。

《1erCru レ・グッド・ドール》
『黄金のしずく』という意の畑で、そのネーミングで非常に人気のある1級畑。その名の通りかなり濃厚な味わいのワインが生まれます。豊かな味わいがお好きな方にはお薦めのワイン。


《1erCru レ・シャルム》
ペリエール、ジュヌヴリエールにつづく優良1級畑のシャルム。最大の1級畑で、イメージ的にあるムルソーのお手本のようなワインが生まれます。肉付きの良さを感じさせてくれるワインです。 

《1erCru レ・ジュヌヴリエール》
ペリエールと双璧の1級畑のジュヌヴリエール。ムルソーで最も偉大なワインが生まれる畑。ペリエールは堅さのあるタイプだが、ジュヌヴリエールの方が少し柔らかみがあると思います。


ブルゴーニュ、ムルソーを代表する1級畑の数々です。



同時にムルソー・ヴィラージュ2005も一緒に入荷!


ムルソーの逸品がひしめきあうフランソワ・ミクルスキー。でもそのムルソーに隠れてしまっていますが、赤ワインも素晴らしいワインをリリースしているのです。

今回紹介するポマールも凝縮感のあるバランスのしっかりとれた赤ワイン。2005年はやっぱり、旨い!

 

どのワインも素晴らしいワインばかりです。ぜひみなさまお楽しみください。

お買い物は こちら !

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 4

茉莉花

こんにちわ。

ミクルスキー、気になってます。
ワイン会は開催されないんですか?
by 茉莉花 (2008-01-29 13:52) 

Wino

これは池袋で飲み比べの企画とか、、、
ありませんかね???
by Wino (2008-01-29 20:05) 

ワイナリー和泉屋

茉莉花さん、 winoさん、
ミクルスキーの水平テイスティングですか。
良いですね、やりましょうか。
by ワイナリー和泉屋 (2008-02-06 15:12) 

Wino

和泉屋さん、
ぜひお願いします!本気で参りますから!
by Wino (2008-02-09 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。