So-net無料ブログ作成

スペイン・ツアー (2012/10/18~10/25) その7 [スペイン]

10月21日午後、フェレール・ボベを離れ、テロワール・アル・リミットを訪問。

7.jpg

フェレール・ボベからここテロワール・アル・リミットに来るとあまりに違うボデガに笑ってしまいます。

明るいうちに畑を見に行こうとドミニク・フーバー。リクエストしていたテロワール・アル・リミット最高峰のワインが生まれるレス・トッセス畑に車を乗り換え行きました。畑まで行く道はまるでジェットコースターのコースのようだった。

こんなにも高いところまで登るのかと驚いたレス・トッセス畑、そこには百年近い樹齢のカリニェナが植えられているのです。

1.jpg

2.jpg

ここでドミニク・フーバーが持ってきてくれたレス・トッセスのファースト・ヴィンテージ、2007年をみんなで楽しみました。

3.jpg

やっぱり最高に旨いです、レス・トッセス2007は。 

レス・トッセス畑に来て驚いたのですがこの小道を挟み上部と下部に畑が別れ、上部がレス・トッセス、下部がトロジャ・ ビ・ディ・ビラになります。

6.jpg

上部の畑 (レス・トッセス)

4.jpg

下部の畑 (トロジャ・ビ・ディ・ビラに使われる畑の1つ)

5.jpg 

僕には同じレベルの葡萄樹にしか見えなかった。 こういう畑を見るとスタンダードのトロジャ・ビ・ディ・ビラがなぜこんなにも美味しいのかがよくわかります。

しばらく畑を見学し、再びボデガへ。
ゲストの皆さんはちょっと休憩のためホテルへ。私はワイン商のSさんと樽からワインのテイスティング。
年々進歩、進化していることが非常にわかりました。

8.jpg

ドミニクからこれからのワイン造りについてなどいろんな話を聞けとても有意義な時間となりました。

9.jpg

トロジャ・ビ・ディ・ビラ2010はドミニクが『自分の思い通りのワインが初めてできた』と熱く語っていました。2010年ヴィンテージは一皮むけたみたいです。今でもこんなのに美味しいワインなのに・・・。

途中からパートナーのブルンヒルデも合流。ブルンヒルデは南仏の優良生産者ドメーヌ・ゴビィで修行した醸造家。テロワール・アル・リミットがより自然な味わいを目指すのはブルンヒルデの影響があるのかもしれませんね。 

10.jpg

充実した楽しい時間だった。
一度、ホテルに戻り、夜はドミニクの家での食事。


夜、ドミニクの家に行き、部屋に入ると美味しいワインが山のようにありました。

11.jpg

この日はドミニクが大絶賛する2010年ヴィンテージを。レス・トッセス、レス・マニェスの最上のワイン2つもあり、もう感動ものでした。

ドミニクとブルンヒルデが素敵なお料理をつくってくれました。

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

美味しい料理、美味しいワイン、最高のディナーでした。
その後も日が変わるまでドミニクたちと飲んじゃいました。

23.jpg

ドミニク、ブルンヒルデ、ありがとねー。


12月から販売を開始するワイナリー和泉屋創業90周年記念ワイン "随機2010" 、ガルナッチャ100%でつくるワインでテロワール・アル・リミットの最高のワイン、レス・マニェスが25%のブレンドされる逸品です。他のガルナッチャもドミニクが選びに選んでくれたそうです。まさにプチ・マニャスといった感じです! 美味しいぃ~~。

00000002 (1).jpg

ドミニク、最高の贈り物だよぉー!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。